名古屋でおすすめの動画制作、映像制作業者5選!口コミや評判も合わせてご紹介!

おすすめの動画制作・映像制作業者を紹介!

研修動画やセミナー動画など、従業員を教育する手段として注目されている動画制作サービスですが、自社で独自にいざ制作しようと思っても、機材を用意するためのコストがかかったり、動画制作のスキルがあるスタッフがいないなどの問題があります。

ここでは、名古屋で動画制作を検討中の方におすすめの映像制作業者を紹介するとともに、業者を選ぶために覚えておくと役立つ、必要知識について解説させていただきますので、ぜひ参考になさってください。

名古屋のおすすめ動画制作・映像制作業者5選!

インクラーニングメディアの画像1
伝える力・演出力・企画力をワンストップでお届け

インクラーニングメディアは、撮影から編集までワンストップで動画制作を行っている、映像制作会社です。中小企業でも注文しやすい金額設定となっているので、予算に不安のある企業でも気兼ねなく相談できるでしょう。

また、安いからといって、クオリティに妥協することはありません。YouTube動画広告やプロモーションビデオの作成、採用・会社案内ビデオなどをお得に作りたいという方は、ぜひ相談してみましょう!

インクラーニングメディアの基本情報

価格 シンプル制作費(15秒~30秒):50,000円
おまかせ動画広告(15秒~30秒)80,000円
動画広告 基本パック:150,000円
利用方法 お問い合わせフォームもしくは電話から
会社概要 会社名:インクラーニングメディア
住所:名古屋市北区上飯田通り1丁目3番地 アトレ上飯田II 502
電話番号:052-916-8717
PAQLA(パキュラ)の画像1
女性スタッフが主体のきめ細やかなサービスを提供!

テレビ局で経験を積んだプロたちが動画制作を行うPAQLA(パキュラ)では、企画・撮影・編集のすべてを社内で行い、コスト削減を図っています。

大手メディアでも使用している専用機材を駆使して、クオリティの高い動画を無駄なく提供する体制をつくり、さまざまなビジネスに活かせる動画を制作しています。プランは、番組制作にプロたちが、予算に見合った内容で提供しているので、まずは一度相談してみるといいでしょう。

PAQLA(パキュラ)の基本情報

価格 【基本料金】
15~60秒:¥70,000~100,000(税別)
3~5分:¥100,000~300,000(税別)
利用方法 お問い合わせフォームもしくは電話から
会社概要 会社名:株式会社PAQLA(カブシキガイシャ パキュラ)
電話:052-766-5950
所在地:【本社】〒451-0045 愛知県名古屋市西区名駅2丁目34-17
セントラル名古屋1101
DOGAラボの画像1
「あいち女性輝きカンパニー」として認証!

DOGAラボでは、テレビ業界の第一線で活躍している構成作家が、動画制作を提案しています。ドラマ風やドキュメント風、YouTube風など、さまざまなパターンの構成を提案しているので、どんなニーズにも応え、クライアントのイメージを具体的に形にすることができるでしょう。

サポートは企画から制作まで行い、製作スタッフがきめ細かくコミュニケーションをとりながら、より満足度の高い成果へと結びつけています。

DOGAラボの基本情報

価格 企業PR動画、YouTube動画、商品説明・メニュー紹介、バースデープレゼント動画:20万円~
リクルート動画・メモリアル動画・インタビュー / 対談動画・社内マニュアル:40万円~
テレビCM・ドキュメント動画:60万円~
利用方法 お問い合わせフォームもしくは電話から
会社概要 会社名:株式会社シッククリエーション
所在地:〒464-0074 名古屋市千種区仲田2-15-8 NTビル11F(本社)
TEL:052-745-7500
CUE(キュー)の画像1
94年設立の実績十分な老舗業者

CUEは、テレビCMや企業PV、テレビ番組といった、さまざまな映像制作に携わってきたプロフェッショナルたちが、企画・制作のプロデュースをトータルで担っています。

自社に撮影、編集、MA、CGなどの技術部門もそろっているので、動画制作の工程すべてを、自社制作できる環境で作業に取り組んでいます。スムーズな連携ができるのはもちろん、スピーディー・ハイクオリティ・コスト最適化も実現させました。

CUE(キュー)の基本情報

価格 記載なし
利用方法 お問い合わせフォームもしくは電話から
会社概要 会社名:株式会社キュー
所在地:〒460-0007 名古屋市中区新栄2丁目13-10
TEL:052-249-9919
TAO(タオ)の画像1
2003年設立から取引実績は5,000件以上!

5,000件以上の実績を持つ、TAOの動画制作は、映像の企画から撮影・編集・活用方法などのすべてを、専門のスタッフによって、最適なクリエイティブの提案に繋げています。

すべての映像をオリジナルで制作することによって最適なターゲットへ効果的にアプローチすることを実現し、またさまざまなデジタルメディアに対応しているので、映像に関わることなら何でも相談できるスタンスとなっています。

TAO(タオ)の基本情報

価格 映像時間5分以内 / 撮影1日 / ナレーションなし:572,000円(税別)~
映像時間5分以内 / 撮影1日 / ナレーションあり:759,000円(税別)~
利用方法 お問い合わせフォームもしくは電話から
会社概要 会社名:株式会社TAO

【名古屋ヘッドオフィス】
〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄3-18-1 ナディアパークデザインセンタービル7F TEL 052-684-7999 FAX 052-684-6999

動画制作をプロに依頼するにあたって、どのような点に注意して業者を決めればいいのでしょうか? 予算の都合やメリット・デメリット、実績に得意なジャンルなど、見ていかなければならないポイントは、実にさまざまなので、ここでまとめて解決しておきましょう。

動画・映像制作サービスとは?


動画・映像制作サービスとは?
動画制作サービスは主に、「クラウドソーシング」と「非クラウドソーシング」の2種類から選ぶこととなります。どれだけの予算を費やせるか、またどれだけのクオリティを求めるのかといった要素も、どちらに依頼するかが決まってくるでしょう。

ここでは、この2種類のサービスの違いについて、説明させていただきます。

クラウドソーシング

クラウドソーシングは、 WEB上で不特定多数の人に依頼するサービスとなっており、低コストで時間をあまりかけずに、仕事を依頼できることが多いサービスとなっています。

動画制作サービスにおけるクラウドソーシングは、カメラマン・映像編集者といったクリエイターを選んでから、動画制作の管理をしてもらえるでしょう。コスパがいいため、予算に限度があるような場合に最適なサービスです。

ただし注意点として、目的やイメージをハッキリ決めたうえで、それをしっかり共有する必要があるでしょう。たとえば、どんな映像を、どのような方法を用いて制作するか、といった計画は、あらかじめ決めておくようにしてください。

非クラウドソーシング

非クラウドソーシングは、制作会社が雇用しているカメラマンや映像編集者、ディレクターが対応しています。そのため、動画の企画・構成・編集・納品の全行程を、ワンストップで引き受けているので、コミュニケーションもスムーズで、安心しておまかせできるのが魅力でしょう。

ただし、クラウドソーシングよりも、制作工数や制作コストが高くなる点には注意してください。

クオリティを求めるなら非クラウドソーシングがおすすめ

クラウドソーシングサービスは、フリーランスで受注するケースが多いため、人件費や中間マージンが発生せず、比較的料金が安いという利点があります。とはいえ、やはり個人にお願いすることになるため、どこまで仕事できるか、限界があるのは否めません。

その点、非クラウドソーシングは動画制作において、非常に理想的な環境を整えており、企画者・撮影スタッフ・編集者など、それぞれのプロが動画制作に関わることになるでしょう。また、使用する機材の性能も高く、撮影スタジオも完備しているので、いい動画を撮影するための条件が、しっかりそろっています。

そのため、予算が許すのであれば、できるだけ非クラウドソーシングの映像制作業者に依頼するようにしてください。

クラウドソーシングは、動画制作だけでなく、多種多様なサービスがあります。動画制作に関しては、非クラウドソーシングの方がおすすめですが、クラウドソーシングは双方が求める条件にあったビジネス取引が、オンライン上で直接・かんたんに交わせるため、ほかの業務で利用することを検討してみましょう。


・非クラウドソーシングの方が完成度の高い動画を制作できる!

動画制作の相場


動画制作の相場
動画を作ることで、企業の作業効率の向上や、宣伝効果を生むことが期待できるため、試してみたいものの、実際どれくらいの費用がかかるのかも把握しておかないと、予算を決めたり、業者選びの参考になりません。

動画制作の費用は、作る動画の種類によっても変わってくるので、それぞれの相場をチェックしていきましょう。

会社紹介やPR動画

会社紹介などのプロモーションビデオは、目的に応じて制作内容が異なります。公式サイトに掲載する動画だと、カタログの延長の内容になり、ナレーションなどを重視して作られますが、イベント会場のブースで流すPR動画は、ほかのブースからの音も考慮して、人の足を止めるような、視覚的にインパクトのある内容が求められるでしょう。

クラウドソーシングの相場:15万円~
非クラウドソーシングの相場:50万~100万円

企業などのイメージを印象づける動画を制作するには、このくらいの料金がかかるものと想定してください。画像のみのスライドショーであれば、10万~30万円はかかるでしょう。従業員にインタビューをとって、映像化する場合は、100万円前後はかかると考えてください。

セミナーやイベント等の撮影

セミナーや講演会、式典などでの撮影は、カメラマンが1~2人に、アシスタントと撮影後の編集作業が含まれるでしょう。これらの作業で発生する料金の相場は、以下の内容になっています。

クラウドソーシングの相場:15万円
非クラウドソーシングの相場:15万~80万円

また、会場の規模なども、価格を左右する要因となるでしょう。100人以上が入場できる会場であれば、アシスタントなどを稼働するための人件費が、1日あたり5万円以上かかると考えられます。

YouTube向け動画

You Tubeを利用した動画制作は、主に2パターンあり、アカウントを作成してオリジナル動画をアップする方法と、広告動画を流す方法のいずれかになります。費用の相場は、以下の金額になるでしょう。

クラウドソーシングの相場:数千~30万円
非クラウドソーシングの相場:10万~100万円

金額にここまで差があるのは、広告を流す場合、どれくらい視聴数があったかで費用が決まるためです。しかしスキップされて観てもらえなかった場合は、費用が発生することはありません。ちなみに、自社アカウントを作って動画をアップしても、長いものだと最後まで観てもらうことは難しいので、3分以下でまとめるのが理想となります。

集客用動画

集客用動画は、テキストや画像を活用した動画となります。動画の周囲にテキストを配置して宣伝する仕様のもので、その情報で動画では伝わらないような情報も、届けることが可能でしょう。料金相場は、以下の金額になっています。

クラウドソーシングの相場:30万~
非クラウドソーシングの相場:30万~100万円

集客用動画では、すべての情報を動画に集約させるのではなく、周囲のテキストからも、訴求力を高めることができるでしょう。

いずれにせよ、どの動画制作も、「工程」と「人件費」によって料金は決まっていきます。動画全体の企画や台本を作成し、撮影のスケジューリングをする工程は「企画」とされ、動画制作の大枠を決めるものなので、動画のクオリティの決定打となるでしょう。

また、「撮影」では、屋外であればロケハン費や、屋内ならスタジオ費などがかかります。出演者がいる場合は、スタイリストやヘアメイクスタッフの雇用費もかかるので、もっともお金がかかる工程となるでしょう。

そして最終工程の「編集」では、動画を編集して、音響効果やナレーションなどを加えるための費用がかかります。


・費用がかかるポイントを把握して、不要な工程は整理して依頼しよう!

動画制作を頼むメリット


動画制作を頼むメリット
しかし今や、素人でも動画制作をしてアップロードするのは、非常にポピュラーな文化となっています。動画制作を、あえてプロに依頼するメリットは、本当にあるのでしょうか?

他のコンテンツより、目立つ

人間はそもそも、動くものを目で追うという本能を持っています。そのため、サイトに動画が掲載されていれば、テキストや画像などのコンテンツよりも目が行き、人間の本能を利用して興味を引き出すことができるでしょう。

そしてコンテンツは、さまざまな種類がありますが、ダントツで見られているのは動画コンテンツです。テキストや画像のみのコンテンツよりも、動画で見た方がストレスなく、たくさんの情報が短時間で取得できるという背景から、動画コンテンツを好むユーザーは、その他コンテンツよりも多い傾向となっています。

多くの情報が伝えられる

動画は主に、音声・動き・時間軸といった要素で構成されており、テキストのみ、あるいは画像のみの場合よりも、多くの情報を、効率よく伝えることができます。人間は、音声を聞くだけ、あるいは映像を見るだけよりも、どちらもセットになっていた方が、強い印象を受けます。そのため、視覚と聴覚の両方に訴えることができるのは、動画コンテンツ特有の強みといえるでしょう。

また、映像にテロップを加えれば、動画で文字による情報提供を実現することもできるため、さらに多くの情報を拡げることができるでしょう。

「聞く」コンテンツとしても利用できる

移動中は画面を見ることが難しいため、You Tubeなどで音だけを再生して楽しむ方法もあります。しかしこの方法だと、映像としての情報は得られません。

ですが、移動中の人をターゲットとしたセールスアピールとして考えると、新たな接点を作ることができるでしょう。

YouTubeの巨大なプラットフォームを活用できる

動画制作をプロに頼むことで、You Tubeという、人に観てもらうことが前提の、巨大なプラットフォームを利用でき、ターゲットとの接点を作ることができるので、これは大きなメリットと言えるでしょう。

近ごろは、動画を視聴したあとに、ステップメールを送信したり、動画の視聴中に個人情報を取得するといったマーケティング的なシステムも、かんたんに実装できるようになりました。

拡張性が高い

動画を通して、何か思うところを抱いた視聴者の中には、その経験を誰かに共感してもらいたい、という想いが生まれることもあります。ソーシャルメディアにおいては、この気持ちを「シェア」することができるので、それにより共感の連鎖が起こっていくでしょう。

そして、クリエイティブ系や面白系の動画コンテンツは、かなりの確率でSNSで拡散されます。特に多く見られるのが、ブランドイメージの構築を目的に作成された動画コンテンツで、オシャレな構成の動画が広く拡散されることにより、ブランド形成に一役も二役も買うこととなるでしょう。

また、BtoBビジネスの場でも、動画をSNSで利用することによって、ブランディング効果を生み出すことが期待できます。

動画コンテンツのメリットを挙げてみると、ビジネスにおいて新たな付加価値を追加できるため、現代では動画を、セミナーやイベント、採用活動など、企業活動のあらゆるシーンで利用されるようになりました。しかし動画は、ただ作ればいいというものではなく、どんな目的で作るかが、争点となるでしょう。


・目的にあわせた利用をすることで、高い費用効果が得られる!

動画制作のデメリット


動画制作のデメリット
目的に適した動画を作り、アップロードできれば、大きな費用効果が期待できるでしょう。しかしデメリットももちろんあるため、それも十分考慮して対策したうえで頼むようにしましょう。

見た箇所によって伝わる内容が異なる場合あり

動画のすべてを視聴してもらうことができれば、意図は伝わりやすいのですが、動画というのは、途中で見るのを止めてしまったり、また飛ばし飛ばし観てしまうという現象が起こりがちなことも事実です。

そのような視聴だと、肝心な情報が理解できていなかったり、誤解を生じてしまうこともあるでしょう。これはテレビの編集でも、同様のことが言えます。

サイトでは中々見られない可能性がある

サイトに動画を掲載している場合、すんなり観てもらうのは難しいでしょう。サイト上にある動画は、サイト内を巡回する中で、自然に再生する、という現象が起こりにくいため、いくつかの問題をクリアしなければなりません。

まず、パッと確認できるテキストや画像を優先して見せて、それを通してサービスに興味をもたせます。そして、より詳細を知るために、動画を見る、という流れを作る手法が多く見られます。

労力と費用がかかる

動画を利用することによって、情報を多く伝えることができるメリットがある反面、そのための機材・人件のコストや、撮影・編集の労力を費やさなければなりません。

撮影内容にこだわっていくと、タレントをキャスティングしたり、ロケ地の選定や撮影機材を手配することになるので、その準備や時間にも、お金がかかるでしょう。また、出演者に従業員などの一般人を起用する場合は、演技や立ち振る舞いなどの指導が入る可能性もあります。

クオリティが低すぎるとマイナスのイメージがつく

近年ではポピュラーな手法となっている動画制作は、セミナーやインタビューなど、ジャンルを問わず、一定のクオリティがあって当然という段階にまで来ています。そのため、低クオリティの動画は、逆に悪い印象を与えかねません。

また、クオリティを追求していくにつれ、機材や人件費といった、コストの問題がのしかかってきます。 ちなみに、テレビCMやWEB広告など、昔からクオリティが高いものが求められている動画でも、クオリティが低ければ、マイナスイメージがついて回ります。

動画制作は、コストを抑えることばかり意識すると、クオリティが下がってしまう可能性があるため、費用と完成度のバランスには十分気をつけましょう。そしてメリットとデメリットをしっかり把握し、目的を定めて利用すれば、費用効果の期待値も高まります。


・デメリットに気をつけて動画を活用すれば、利益に繋がりやすい!

動画・映像制作サービスの選び方・ポイント


動画・映像制作サービスの選び方・ポイント
これから動画の制作を依頼するにあたり、どの映像制作会社に依頼するべきかで悩むこととなるでしょう。映像制作会社を選ぶ際には、主に次のポイントに気をつけて、業者を比較しながら選び抜くことをおすすめします。

制作実績はあるか

これまで動画の制作実績を、どれだけ積んできたかは、重要なポイントとなるでしょう。まず 5年以上の実績があるのは理想で、脚本家やカメラマン、各クリエイター担当などが在籍していることも確認してください。

実績を積んだ映像制作会社であれば、これまで制作した映像クオリティも高いものとなっているでしょう。ホームページなどで制作実績を掲載しているかどうかは、必ず目を通してください。

提案力はあるか

こちらの要望をヒアリングしたうえで、効果が見込める動画を提案できる業者を選びましょう。はじめて動画制作をするのであれば、イメージが何となくあっても、具体的にどのような動画を作りたいのかは、うまく伝えることができません。

そこで重要となるのが、映像制作会社の提案力で、クライアントから言われたものを作るだけだと、かえってイメージとは違った作品になってしまうことがあります。実際に制作会社の担当者と対面して、制作・サポートについて、疑問点をしっかりヒアリングし、自分の目で信頼できる業者かどうか、判断しましょう。

どんなジャンルの動画が得意か

制作実績以前に、どんなジャンルの動画を得意としているのかをチェックするのは、特に基本的なことと言えます。動画制作会社の大半は、You Tube広告に長けていたり、ホームページ掲載用の動画の制作を得意としていたり、漫画動画を強みとしていたりといった、わかりやすい特徴を持っています。

あなたの会社には、いまどんな動画が必要でしょうか? 商品を宣伝したいのなら、You Tubeや漫画を活用した動画といった選択肢になってくるでしょう。

当然、見積もり依頼をしたうえで、担当者から動画の詳細を説明し、意見をもらうのも大事ですが、漫画動画を制作していない会社に、漫画動画を作るよう頼むのは、おかしな話でしょう。

作業の進捗管理・サポート内容

動画の制作には、企画や撮影、編集など、さまざまなプロセスが複雑に連携する仕事になるので、どれかひとつでも欠けてしまうと、動画のクオリティに支障を来してしまうでしょう。

そのため、他社や個人に、案件をまかせっきりになってしまっていないか、しっかり確認してください。責任をもって、引き受けた依頼をトータルでサポートしてくれるディレクターは、どんな人材なのか、あらかじめ確かめておきましょう。

動画制作者と打ち合わせできれば相違がない

動画の制作者は、編集と撮影の両方をワンストップでできる人材で、打ち合わせにも対応していれば、非常に心強い存在となるでしょう。制作者自身が打ち合わせに加わることによって、クオリティは高く担保されますし、実際に作る本人による説明なので、よりリアルに仕上がりをイメージできます。

映像制作会社とひとことに言っても、実績も得意ジャンルも、実にさまざまです。それなら、いろいろなサービスを扱っている業者だと無難だろう、と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、それよりかは特定の分野に特化した業者の方が、自分たちが求めるものを叶えやすいでしょう。

そして、業者が信頼できるかどうかは、見積もりの際のやり取りから判断しておくことを推奨します。


・動画の目的を重視して、実績や信頼性がありジャンルのあう業者を選ぼう!

まとめ


動画の制作を実際に依頼するには、まず動画で「何を成したいのか」「どんな動画にしたいのか」「予算と納期はどうするか」などを整理しておきましょう。それらを決めてから、自分たちの求める動画を作れそうな映像制作会社に目星をつけて、各社に見積もり依頼をしてください。

そのうえで必ず、制作会社の担当者と実際に話し、制作やサポート内容の詳細を聞いて、疑問点を解決し、信頼できる業者か判断しましょう。比較においては料金だけでなく、自分たちの要求をいかに満足度が高い形で叶えられるかが、大きなポイントとなってきます。

 

おすすめ動画制作・映像制作業者の一覧表まとめ

イメージ
会社名インクラーニングメディアPAQLA(パキュラ)DOGAラボCUE(キュー)TAO(タオ)
特徴①撮影から編集までワンストップで対応テレビ局の制作経験を持つプロがすべて社内制作テレビで活躍中の構成作家が動画制作を提案さまざまな映像を作るプロが企画・制作をプロデュース要望に応えるだけでなくクライアントの未来にも貢献
特徴②中小企業の動画活用をサポート女性ディレクターが中心となる丁寧なプランニングテレビで活躍中のディレクターも制作映像制作のすべてを自社制作クライアントがそもそも目標を達成できるかを重視
特徴③YouTube広告を得意としているバーチャルオフィスの最先端な制作環境企画から制作までトータルサポート経験豊富なスタッフがスピーディに制作5,000件以上の豊富な実績を持つ
利用方法お問い合わせフォームもしくは電話からお問い合わせフォームもしくは電話からお問い合わせフォームもしくは電話からお問い合わせフォームもしくは電話からお問い合わせフォームもしくは電話から
詳細リンク
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

記事一覧

プロモーション動画はその情報量の多さや、気軽に見ることができる点や、与えるインパクトの大きさから、近年では自社商品の販売促進のためなどに多く活用されています。プロモーション動画を作るからには ・・・[続きを読む]
最近は動画広告やYouTubeが注目されており、動画制作に取り組む企業も増えてきています。しかし、動画を制作するには何からはじめたらよいのかわからない担当者もいるでしょう。自社で制作するのが ・・・[続きを読む]
結婚式などの余興として、ムービーを制作して披露することがあるでしょう。これには、結婚式をより感動的なものとするための、新郎新婦をはじめ出席者全員が楽しめる演出効果があります。さらに、新郎新婦 ・・・[続きを読む]
近年では、動画の市場規模が急速に拡大しています。2015~2019年の5年間で、スマホの1ユーザーあたりの月間動画視聴時間は4倍にもふくれあがっているのです。理由としてはスマホの普及、インタ ・・・[続きを読む]