名古屋でおすすめの動画制作、映像制作業者5選!口コミや評判も合わせてご紹介!

これからの時代に必須!動画マーケティングのメリットとデメリット

公開日:2021/02/15


近年では、動画の市場規模が急速に拡大しています。2015~2019年の5年間で、スマホの1ユーザーあたりの月間動画視聴時間は4倍にもふくれあがっているのです。理由としてはスマホの普及、インターネット環境の整備があげられるでしょう。そのため、動画マーケティングも注目されるようになってきたのです。動画マーケティングについて解説します。

動画マーケティングとは?   

動画マーケティングとは、動画を活用したマーケティング手法です。従来のテレビに代わって、インターネットの普及とともに拡大されつつあります。会社のWEBサイトに動画をアップしたり、TwitterなどのSNSに公開したり、配信したりしてマーケティングを行うのです。現在では世界的に注目されているマーケティング手法で、活用する企業も増えてきています。

動画マーケティングの市場を見ると、2018年は1,800億円だったものが、2023年にはその約3倍にあたる5,000億円に成長すると予想されているようです。市場規模は急ピッチで拡大しているといえるでしょう。動画マーケティング市場が今後も成長していくと思われる理由として、2014年頃からスマホやタブレットといったデバイスが普及し、誰もが動画を目にする機会が増えたことがあります。

そして、光回線によるインターネット環境が整備されてデーター量の多い通信も可能になり、高速で安定した動画を見られるようになったこともあるでしょう。

これからはVRやARなどの技術の発展によって、ますます充実した動画の提供が可能となってくるでしょう。そのうえ、YouTubeやNetflixといった動画サービスや、FacebookやTwitter、Instagram、TikTokなどのSNSアプリが若者を中心に広く浸透したことにより、インターネットで動画を見ることが誰でも、いつでも、どこでも気軽に可能になってきたことがあげられます。

動画マーケティングのメリット 

動画制作のメリットはWEBサイトの3,600倍と言われているように、伝えられる情報量が文章や写真と比べて多いことがあげられます。映像とテキスト、音声をミックスしてわかりやすく情報を伝えることができるのです。そして、リアルタイムに記憶に残りやすいインパクトのある情報を提供することで、視聴者の記憶に残りやすいと考えられるでしょう。

例えば、求人広告であれば、仕事風景や事務室内の風景を映し、社員の紹介ができます。目から入る情報により「思ったよりも仕事が楽しそうだ」「綺麗なオフィス環境だなあ」「社員もみんな笑顔でやさしそうだ」などが見られて、視聴者は好印象をもつ可能性があるのです。

さらに、視聴者が気に入ればSNSなどによって簡単に拡散されることもあり、拡散されることによって宣伝効果が広まるといったこともあります。企業もこれをねらってあえて拡散されやすい動画マーケティングを展開するようです。さらに、動画は人を動かす効果が出やすいということがあります。

人は動いているものに目が行きやすく、動画に引き寄せられることが多いのです。動画はその場の雰囲気や温度感などが伝わりやすく、視聴者の増加という目的を達成できるでしょう。実際にA社の求人募集の効果を測定したところ、動画マーケティングを採用する前は応募率が0.5%だったのが、1.5%と約3倍に跳ね上がったのです。

その時の応募者の声としては「仕事のイメージができた」「前の会社と同じような仕事の流れが確認できたので安心した」といったものがありました。このように動画マーケティングはその効果を測定することも容易にできます。そのうえ、Googleで検索される際に視聴者に人気のあるサイトと評価され、SEO評価が上がりやすくなり、サイトへの訪問者も増えることが期待できるのです。

動画マーケティングのデメリット 

一方、動画マーケティングのデメリットとしては、一般的な企業には動画の制作ができる人材がいないことが挙げられるでしょう。動画制作のノウハウや技術がないと、何からはじめてよいのかわからず、宣伝効果のある動画を完成させることは困難です。そして、動画制作には時間とコストがかかるということもあります。

動画の制作を動画制作会社に依頼すると、打ち合わせや作成途中の修正点の調整などに手間がかかります。また、動画の宣伝効果を測定するためには、ある程度の制作実績数をこなす必要があるため、コストもかかるのです。

さらに、視聴者の環境によっては、伝えられる情報量に変動があることが考えられます。動画は画像と音声とテキストがミックスされており、そのうち1つでも受信できない環境だと、充分な効果が発揮できません。たとえば、音声を消して視聴する人もいるでしょう。また、移動中などでスムースな動画を受信できない人もいるかもしれません。

 

このように動画マーケティングはデメリットもあります。しかし、本気で動画マーケティングをしたいと思うなら、プロである動画制作会社に依頼するのがよいでしょう。宣伝効果が大きく、クオリティーの高い動画には企業戦略にとってメリットがあるのです。まずは動画制作会社に相談してみることから始めてみましょう。

おすすめ関連記事

名古屋の動画制作・映像制作業者おすすめ5選

イメージ
会社名PAQLA(パキュラ)DOGAラボCUE(キュー)TAO(タオ)インクラーニングメディア
特徴①女性スタッフが主体のきめ細やかなサービスを提供!「あいち女性輝きカンパニー」として認証!94年設立の実績十分な老舗業者2003年設立から取引実績は5,000件以上!伝える力・演出力・企画力をワンストップでお届け
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく