名古屋でおすすめの動画制作、映像制作業者5選!口コミや評判も合わせてご紹介!

伝わりやすいプロモーション(PR)動画を作る5つのコツ

公開日:2021/03/01


プロモーション動画はその情報量の多さや、気軽に見ることができる点や、与えるインパクトの大きさから、近年では自社商品の販売促進のためなどに多く活用されています。プロモーション動画を作るからには、ターゲットに響く動画の作成をしたいものです。この記事では、効果的なプロモーション動画を作るための5つのコツについて見てみましょう。

ターゲットを明確にする

プロモーション動画の制作に欠かせないのが、ターゲットを明確に定めることです。年齢層や性別や社会的地位といったものを意識し、特定の層をターゲットに絞りましょう。ターゲットの設定は、港区の賃貸住宅に住む40歳の独身女性でデパート勤務、自炊生活をしているといったように、あたかも実在する人物のように具体的に設定します。

そして、具体的なターゲット層が抱いている問題意識を解決するプロセスをストレートに展開することにより、ターゲット層に自社商品やサービスを訴求し、購買意欲を高めるのです。特定の層にインパクトをあたえ、共感を得て購入行為につなげましょう。プロモーションビデオにはもちろん、画質などのクオリティーそのものといったことや見た目の面白さも求められますが、それよりもいかにターゲット層が抱いている悩みを解決できるかということが重要なポイントなのです。

ストーリー性を重視する

プロモーション動画にストーリー性を持たせることは、視聴者を動画に引き込むためには大切なことです。動画に一貫性のあるストーリーを持たせると、視聴者に次の場面を見たいと思わせることになるでしょう。

また、人間味のあるストーリーは視聴者の好奇心を刺激するとともに共感を与えるのです。ただし、あくまでもターゲット層の問題解決のプロセスを表現することが一番大切なことですので、ストーリー性ばかりを動画の趣旨としないように注意しましょう。

5W1Hを意識する

ストーリー性を重視することとも関連しますが、プロモーション動画も文章と同じで5W1Hを意識してストーリー展開を作ることが大切です。

いつ(When)、どこで(Where)、だれが(Who)、なにを(What)、なぜ(Why)、どのように(How )したいのかを具体的に映像の中で表現しなければなりません。そのためにも構成の段階で、誰に何を伝えるべきかというターゲットを明確にしておかなければならないのです。構成のしっかりした動画は見ていてもわかりやすく、最後まで視聴者をひきつけるでしょう。

動画の長さを伸ばしすぎない

いくら面白い内容でも、プロモーションビデオの映像時間が長すぎると視聴者に飽きられてしまいます。例えばテレビコマーシャル用の動画ですと短くて15秒、長くて60秒です。プロモーション用動画の場合はもう少し長くなりますが。短い時間でいかに視聴者にインパクトを与えられるのかが勝負となるでしょう。

動画制作においては「最初の10秒でインパクトを与えなければならない」といわれているようです。人は見た瞬間に直観的に自分にとって必要なものかを判断するためです。30秒のテレビコマーシャルなら最初の数秒でインパクトを与えなければなりません。YouTubeなどのコマーシャルは広告がスキップされるまでの5秒間で、見ている人にインパクトを与えなければならないのです。スマートフォンで見る動画なら、音声がなくてもインパクトを与えたほうがよいでしょう。

テロップやナレーション、BGMを使ってわかりやすくする

動画だけではなく、ナレーションやテロップによってわかりやすい作りになっていることも大切です。映像に加えて、音声やテキストなどさまざまなツールをミックスして活用していると、それだけ視聴者に記憶に残りやすいものとなります。そしてこのツールミックスは動画全体に使用するのではなく、重要な場面に絞って使用するようにしましょう。

視聴者の意識が分散されることを防ぐメリハリをつけるためです。この時、ナレーションの仕上がりが大きく動画の品質に影響してくるとされています。コストをおさえて自分でナレーションしたり、無料素材のBGMを使用したりすることもできるでしょう。しかし、プロのナレーターに依頼したり、有料のBGMを購入したりする方がクオリティーの高い動画が完成しやすいようです。また、電車の中などで動画を視聴するケースもありますので、音声抜きでもしっかり伝えられることも必要でしょう。

さらに、画面の切り替えやズームアップなどによって、テンポのよい流れとなっていることも大切です。テンポも視聴者を飽きさせず、最後まで動画を視聴させるための重要なポイントだといえるでしょう。

 

効果的なプロモーション動画は、自社の収益拡大に大きく貢献します。近年では動画作成ソフトの進化により、個人でも簡単に動画を制作できるようになりました。しかし、ターゲットに対してより多く購入や申し込みの行動をさせるためには、プロの動画制作会社に依頼する方がよいでしょう。複数の制作会社を比較して、自社にとって最適な動画制作会社を選定してください。

おすすめ関連記事

名古屋の動画制作・映像制作業者おすすめ5選

イメージ
会社名インクラーニングメディアPAQLA(パキュラ)DOGAラボCUE(キュー)TAO(タオ)
特徴①伝える力・演出力・企画力をワンストップでお届け女性スタッフが主体のきめ細やかなサービスを提供!「あいち女性輝きカンパニー」として認証!94年設立の実績十分な老舗業者2003年設立から取引実績は5,000件以上!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく